よくある質問

不動産の売り出し価格はどうやって決めるのですか?

査定価格をもとに最後は売主様にお決めいただきます。

  不動産会社が査定した価格は、立地や築年、広さなどの条件、そして過去の成約事例などから、概ね3ヶ月以内にこの価格で売れるだろうという目安の価格です。担当者が提示するその査定価格を参考に、売主様に売り出し価格をお決めいただきます。「ご希望価格」と「査定価格」に差がある場合は、ご遠慮なくご希望をお申し付けください。ご希望価格に沿った売却プランをご提案させていただきます。ただし、ご希望価格と査定価格があまりにもかけ離れている場合は、受託できない場合もございますので、ご了承ください。また、今後の不動産市場の見通しについても、ご説明させていただきます。

売却物件の査定には何が必要ですか?

所有不動産の詳細が分かるものを準備しておくとスムーズです。

  不動産売却相談は、あらかじめ所有不動産の詳細が分かるものを準備しておくと、不動産調査・不動産査定がスムーズに進みます。

  ○権利証または登記識別情報(担当者が、所有不動産の面積や名義人を確認するために必要です)

  ○分譲時のパンフレット

  ○土地の測量図面や建物の図面など

  ○固定資産税等納税通知書など

不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能ですか?

トラブルを避けるためにも不動産会社を介在させることをお勧めします。

  不動産会社を介在させない取引を「相対取引」といいます。

 売買契約は当人同士で結ぶことはできますが、売主様と買主様の義務と責任をどのように取り決めるか?住宅ローン利用がある場合、資金の授受をどのように行うか?売主様にローン残債がある場合、抵当権の抹消はどのように行うか?など、1つの不動産取引において、取り決めるべき事柄と手続きは様々です。

  トラブルを避けるためにも不動産会社を介在させることをお勧めします。

不動産の売却をしていることを近所に知れたくありません。
広告せずに売却することは可能ですか?

勿論可能です。お客様のご希望にあわせた売却プランがございます。

売却価格はもちろんのこと、売却活動自体を近隣に知られたくないと言われるお客様は多くいらっしゃいます。ご近所に知られることなく不動産を売却したい場合、まずはご相談される不動産会社にその旨をお伝えください。ご購入希望者が多く来店する不動産会社などでは、まず最初に既存のお客様へ紹介することから始めてもらいます。さらに広告活動の自粛、案内や内覧の際には近くに車を止めないなど積極的にご協力することも可能です。

ただし、近所にお住まいの方の口コミ効果は非常に有効で、強い集客源となります。人目を気にしないような売却理由である場合は、売却していることを隠すことは避ける方がベターです。

売り出し前にリフォームした方が有利ってホント?

リフォームする前に、ご相談ください!

  確かに、室内や外壁等をリフォームした方がよい印象を与えるケースはあります。

  しかし、中古の物件をお探しの方には、割安感のある中古物件を購入し、自分好みのリフォームをお考えの方も少なくありません。また、リフォーム費用がかさみ、販売価格がつりあがってしまう等のマイナス要因も考えられます。

  当社にはリフォーム事業部があるため、お客様に対してリーズナブルな価格でリフォーム工事を提供することが出来ますので、まずは一度担当スタッフにお気軽にご相談ください。

住まいの売却から購入・入居まで、どのくらいの期間が必要?

住み替えは余裕をもって行うことをオススメします。

急いで不動産を売却したい場合は、条件にもよりますが、最短で1ヶ月~1.5ヶ月程度を想定すると良いと思います。

これは購入先の新居が完成していることが前提で、売却活動と新居のローン申し込みなどの手続きを並行して行えば可能です。

査定から売り出し、買主様が決まるまでに2~3週間程度、これに買主様の方のローン審査が加わります。

 ただし、急な売却には、売り出し価格を低めに設定せざるを得ないなどデメリットもあります。

 また、万が一買主様の方のローンの承認が下りなければ、計画は途中で頓挫してしまいますので、住み替えは余裕を持って行うことをオススメします。

住まいの「売却」が先?それとも購入が先?

同時に行えるのがベストですが、現実にはなかなか難しいものです。

  基本的には“売却先行”でいくことをオススメします。

  売却を先行させて、資金計画をはっきりさせてから新しい購入物件を探す方が安心で確実です。また、売り出して1ヶ月程度経っても反響がないようであれば、価格の再検討を行ってみてください。価格を下げる場合は小出しでズルズルと価格を下げても効果が薄いため、ある程度思い切った幅で下げられることをオススメします。

購入を先行させると、なかなか売却できない場合、どうしても売り焦って購入希望者に主導権を握られてしまう可能性もあります。やはり、売却先行でいくことをオススメします。

住まいをスムーズに売却するためにはどのような点に注意したらよいですか?

我が家を商品としてみる発想と売り出し価格が納得価格であることが大切です。

我が家を商品としてみると、まったく違った住まいに見えてくるはずです。まず、ご自身が購入されるお客様の立場になってチェックしてみてください。交通の便、周辺環境、外観、築年数、日当たり、広さ、間取りなどをチェックすれば長所や短所がはっきりしてきます。もし、商品として見た我が家が「ちょっと魅力に欠ける」と採点したら、どのような魅力を加えればよいか考えてみてください。清潔さなどはプラスアルファの魅力になります。

さらに、スムーズな売却を実現するためには、売り出し価格が購入されるお客様にとって納得できる価格であることが大切です。そのためには、ご自身が商品として評価した価格と客観的な査定価格を比較検討して、実際の売り出し価格を決めれば、購入されるお客様にとっても納得できる価格となり、スムーズに売却できるはずです。

購入希望者内覧時の注意点は?

お客様がゆっくり見学できるようにお言葉をかけていただくなどのご配慮をいただければ助かります。

同封の内覧時のポイントや内覧前のチェックシート等に詳しく書いていますが、お住まい中の物件のご案内は、見学されるお客様がご遠慮がちになる傾向にありますので、お客様が十分にゆっくり見学できるように、お言葉をかけていただくなどのご配慮をいただければ助かります。

購入希望のお客様ご案内時には、当社の担当者等がお住まいの中を誘導し、ご説明いたしますので、売却されるお客様は、当社の担当者が質問することに的確にお答えいただき、必要以上に物件をほめすぎることは控えていただいた方が結果は良いようです。また、金額の大きな、お客様の大切な財産の売買ですので、購入希望のお客様ご案内時には「売ってあげる」というお気持ちよりも、「買っていただく」というお気持ちを持っていただいた方がスムーズに売却できるようです。

売却を依頼すると仲介手数料は、どれくらいかかりますか?

仲介手数料は成功報酬で、400万円を超える物件の場合の簡易計算方法は、売買価格×3%+6万×1.08で算出できます。(税込)

不動産会社を通じて不動産を売ったり、買ったりする場合に、その報酬として支払うお金を仲介手数料(または媒介手数料)といいますが、あくまで成功報酬として支払うもので、売却や購入の依頼をしても契約が成立しなければ支払う必要はありません。

仲介手数料の上限は、国土交通省告示第1552号で定められており、下表の通りです。

売却の流れが知りたい

不動産売却の流れは下記になります。
エリアNo1の圧倒的な売却力で、あなたの売却を早期売却に導きます。

売却の流れ

①条件等の整理
インターネットを通してある程度の売却価格を知りましょう。
相場を掴んでおくと、その後の動きがとりやすくなります。

②相談する
まずは今お住まいの物件がどれくらいで売却できるか査定を依頼して調べましょう。

③媒介契約
査定終了後、売却することが決まりましたら、
正式依頼を頂き、媒介契約を結びます。

④売却価格を決める
査定価格を参考にしながら、じっくり話し合って決定します。
納得がいくまで話し合いましょう。
また、必要な費用や書類を確認していきます。

⑤販売活動スタート
広告やホームページ等を使ってあなたにピッタリの購入希望者を探します。

⑥契約
売却先が決まりましたら、購入希望者との間で、不動産売買契約を結びます。

⑦引き渡し
購入者へ物件の引き渡しを行います。
ローンが残っているお客様、住み替えのお客様はご相談ください。


ページの先頭へ

Copyright(C) ハウジングプラザ売却ナビ All rights reserved.